末っ子の食生活と歯磨き事情〜何人育てても大変さは慣れない〜

MENU

末っ子の食生活と歯磨き事情〜何人育てても大変さは慣れない〜

子供が3人いて、1番上の子は1人でも磨けるし、すすんで仕上げ磨きをお願いしにくるのでいいですが、下の2人はまだまだ。
特に末っ子が1番心配です。
というのも、子供が複数いるご家庭にありがちかと思いますが、1人目の時はある程度の年齢まで我慢させていたお菓子を、末っ子は離乳食が終わったころには食べていました。
上の子達が食べていると、どうしても欲しがるし、下の子だけ我慢させるのは大変ですから。
泣き叫ぶ末っ子を抑えて、上の子達のお菓子の袋を開けたり、相手をする体力もありませんし。

 

もちろん歯磨きの習慣はつけています。
ですが、仕上げ磨きを嫌がって逃げ回ったりすることもしばしば。
1歳の頃は歯を食いしばって、磨かせないと抵抗することもありました。
自分で歯ブラシを持たせて、自分でも磨く習慣をつけていますが、ブラシ部分を噛んで、あっという間に毛がひろかったり。
今2歳になったばかりですが、月に1本以上は買い直しています。

 

もう一つ心配なのは、うがいが出来ないことです。
お湯や水を口に入れて出すという行為は、遊びとしてはできますが、歯磨きのときはできません。
どうしても飲んでしまうんです。
なので、磨いて、ガーゼで拭いて、コップを持たせていますが、いつになったらできるんだろう…飲み込んで大丈夫なものなのか?と心配です。

 

何人子供を育てても、歯磨きの大変さはかわりませんし慣れません。

 

男の子 2歳